1. TOP
  2. 柔道
  3. 東京
  4. Judo倶楽部【   】

サークル「Judo倶楽部【   】」のメンバー募集情報

柔道東京東京の柔道チームです。現在、メンバーを募集しています。募集しているのは初心者でも経験者でも老若男女問わず基本(当身含め)指導します。 他武道の方で正しい柔道を学びたい方へも指導します。柔道に興味がある方は、ぜひご応募ください。
募集の状態募集中
サークル名Judo倶楽部【   】
サークル設立年1992年
サークル目標日本傅講道館柔道
活動場所東京:東京~埼玉 【個人】に合わせて!
活動時間応相談  昼夜問わず時間が合えば大丈夫です。
サークル構成メンバー♂10♀1
サークル平均年齢30代後半
こんな人を
探してます
初心者でも経験者でも老若男女問わず基本(当身含め)指導します。 他武道の方で正しい柔道を学びたい方へも指導します。
募集年齢還暦前後までと考えてますが、個々の年齢よりも体力ですので応相談です
サークル
ホームページ
連絡事項や
アピールポイント
●確りと全文、読解ください●

【競技化した取っ組み合い力任せの近代柔道では無く。
 正しい基本を身に付け、日常にも活かせる日本傅講道館
 を指南しています。
               左右対称の正しい期本】

▼他武道の方で正しい柔道を学びたい方【個別指導】します▼

指導する私は一応は高段者の初老の輩です。

現在はメンバーは中年以上^ー^で家族・仕事の関係で
個々で近場の道場で稽古していますので

●●初心者や他流を学んでいて柔道を学びたい方を個人指南・グループも指南しています●●



嘉納治五郎 手記

【武術から言うても、いつ相手が蹴って来ても、突いて来ても、身体が自由且つ軽快・俊敏に働くということでなければならぬ。

講道館では乱取をする際、襟を掴み袖を捕らえて稽古をするがこれは初心者を導くに必要なので、之を最後まで用うべき形と言うものでは無い。 

仮に袖を捕り襟を握っても、極めて軽く握り、之に力を入れてはいかぬ

しからざれば、急速に身体をかわすことが出来ない、以上の注意を着眼して稽古するならんば、立っている場合に、
 今日往々にして見えるが如き、無闇に力を入れ捩くり合うということがなくなって、

ボクシングをやるものの姿勢などに類した一種の姿勢が乱取の姿勢になり得るのである。

西洋の借力姿勢は、先方で当身をせぬということが予め決まっているから、あのような姿勢をするけれども、
若しも当身を予測するならばボクシングの様に離れていなければならぬのではない。

或いは接近して着物を掴み、手を捕らえ、または首をとらえる、の場合においても、
相手が突いて来たり、蹴って来たときに応じ得る身構えして接近せねばならぬ。

其接近するに当たり、どういう風にするかと言うに、或いは相手の右の手首なり袖なりを引っ張る。
 
自分は相手の右側に身を進める。 
すると、向こうの右手は取られて居るから、攻撃が出来ない。

左手はは自由であるが、距離が遠いから危険が少ない。
 
左の足も同様である。
 
また右の足は接近しすぎて攻撃には不便である。
                     こういう工夫に考えて接近しなければならないものである。
無闇に接近してはならないのである】


 

※表示回数は数時間おきに更新されます

募集開始日2015年06月17日
最終更新日2018年08月12日
表示回数(全期間)2473 view
表示回数(直近1週間)20 view

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して
改善いたします。

返信が必要なお問い合わせはこちらから